売上向上につながるOne to One マーケティング「パーソナライズドメール・動画」とは

こんにちは、松下です。 デバイスや情報取得経路が多様化した近年、 顧客へのアプローチ手法に頭を抱える方も多いのではないでしょうか。 顧客の属性に応じた(=パーソナライズドされた)情報を提供することで 顧客の強い興味喚起を促す「One to Oneマーケティング」で成功をおさめる企業が増えています。 価値観が多様化したからこそ注目されるOne to One マーケティングについて、 違いや事例を交えてご紹介します。 従来のマスマーケティング、これからのOne to Oneマーケティング 市場獲得が得意なマスマーケティング これまで主流だった”マスマーケティング”。 テレビやラジオ、新聞、雑誌を活用し、大きな市場全体やすべての消費者を対象として 単一のメッセージを大量のプロモーションで伝える手法です。 市場シェアを一気に確保する手法として有効だとされてきました。 ところが、インターネットの普及やデバイスの多様化、消費者の価値観の多様化により 効果が限定的と見る向きも多くなってきたマスマーケティング。 このマスマーケティングに対し重要視されてきたのが”One to Oneマーケティング”です。 ”自分ごと化”しやすいOne to Oneマーケティング 顧客の属性や嗜好、購買履歴や行動履歴から”その顧客”に最適化されたマーケティング活動を行う手法。 顧客一人ひとりの嗜好にあわせて展開するため 顧客からは「自分自身だけに特化した情報を流してくれている」という印象を持たせることを可能にします。 One to One マーケティング自体は新しいものではありませんが、大量の情報を処理する技術の進歩により自動化が可能になりました。 One to One マーケティングの成功事例 amazonの「あなたにおすすめの商品」を表示する機能(レコメンド機能)もOne to Oneマーケティングの一種です。 また、ファッション通販「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイもOne to Oneマーケティングを積極的に活用している企業のひとつ。 200近くのパーソナライズドメールのPDCAを回し、LINEビジネスコネクトへの活用に生かすなど 日々ノウハウを蓄積しています。(※MarkeZineより引用) また、JOURNAL STANDARDやIENA等、複数のファッションブランドを運営する「ベイクルーズ」はメールのパーソナライズ化に着手。メール経由の売り上げが20%から30%以上に拡大しています。(※通販新聞より引用) また、ソーシャルメディア運営にも専任を置くなど力を入れている企業でもあります。 顧客の属性に合わせたコンテンツを動画で見せる「パーソナライズド動画」 大和ハウス工業は、住宅展示場に足を運んでもらうことを目的に、メールでパーソナライズド動画を配信しました。 メール配信成功数のうち、開封率が15.4%、動画視聴率は4.9%。動画視聴完了率は75.7%に及びました。 (※MarkeZineより引用/ 2ページ目からログインが必要です) また、パーソナライズド動画の中では「利用者の操作に対して反応を返す”対話のような・双方向型の”インタラクティブコンテンツ」も注目を集めています。 お客様によりフィットした情報をお届けするために情報を最適化することで 長期的な絆を結ぶことに成功するOne to Oneマーケティング。 一度ご検討されてはいかがでしょうか。    ...

パーソナライズド動画導入案:ECサイト お歳暮商戦編

こんにちは、松下です。 弊社が自信を持っておすすめするパーソナライズド動画ソリューション ”Amaterra Movie”。 導入イメージ第3弾の今回は「ECサイト:お歳暮商戦編」です。 サンプルとしてお歳暮商戦のイメージで作成をしていますが、 ギフトはもちろんファッションなどECサイト全般に幅広く応用できます。 また今回は、お客様が画面で選択できるインタラクティブな(双方向の)作りにしています。 パーソナライズド動画導入・体験の参考にお役立てくださいませ。 売上向上につながるOne to One マーケティング「パーソナライズドメール・動画」とは? パーソナライズド動画「Amaterra Movie」のお問い合わせはこちら ※この導入イメージでは、赤い枠の部分を個々のデータにカスタマイズしています。 ※あくまで導入案であり、実際の構築時とは環境及び予算により異なります。 1.お客様の名前を表記、興味喚起 お客様(メールを受け取った方)のお名前を挿入。名前が入ることで「自分ごと化」し興味喚起を促します。   2.ギフトのカテゴリの選択 贈りたい品を4つにカテゴライズし、選択していただきます。カテゴリがもっとある場合は下の「次のカテゴリへ」ボタンで次へ。 ここでは「限定ギフト」を選んでいます。 3.「限定ギフト」カテゴリ内で商品を選択 「限定ギフト」の中から実際の商品を読み込み、お選びいただきます。 商品詳細のボタンをクリックすると、同じウィンドウ内で商品詳細が表示されます。 ここでは「人気パティスリーのチョコレート詰め合わせ」を選択しました。 4.2つ目の商品を選択 商品選択後、別の商品を選択できるようにしています。 5.購入商品の確認 購入商品のご確認画面です。 この画面をご確認いただいた後、お客様にお勧めする情報を提示します。 6.追加購入を促す情報の提示 ご購入金額の合計が送料無料金額に届かなかったため、送料無料情報をご提案。 価格帯ごとプレゼントや特典を準備することで、幅広いお客様へ追加購入促進の情報をご案内できます。 7.さらに、お得な情報を追加でご提供、WEBサイトへ遷移 さらにクレジットカードへの入会と特典を促しメリットを訴求。 お客様にとってのメリットを「WEB上で探していただく」のではなく、動画として提示することでメッセージがダイレクトに伝わります。 (※WEBサイトへの遷移は別途動画プレイヤーを開発、プレイヤー上で行います。)   Amaterraではパーソナライズド動画「Amaterra Movie」のご提供を行っております。 お問い合わせはこちら 売上向上につながるOne to One マーケティング「パーソナライズドメール・動画」とは?...

ショップオーナーのための広告宣伝講座:ホームページ編

Contents ホームページを持てば売り上げがあがる? 必要なのは”ホームページに頼りすぎないバランス感覚” こんにちは。Amaterraの松下です。 先日弊社名を「あまでら(尼寺)」と間違われました。 さて、飲食店のオーナーの方から「ホームページからの売上があがらない」とご相談をいただきました。 実店舗をお持ちの方にとって、ホームページがどんな役割なのかをまとめてみました。 もしよければご参考にしてみてください。   ホームページを持てば売り上げがあがる? 身も蓋もない結論を申し上げてしまうと、ホームページを持っただけでは売り上げはあがりません。 その理由は、大きく分けて2つあります。   1.ホームページの公開は、WEB上にカタログを作ったようなもの。 この記事を読んでくださっているあなたがどこかの地域にお店を開いたように、 インターネット上に「ホームページ」のデータを公開したにすぎません。 そしてこのインターネットには無数のカタログがあり、多くの人はカタログを比較・検討しています。 ホームページで売上を上げるには、多くのカタログからの中から選んでいただけるよう魅力を伝える必要があります。   2.検索上位を占めている大手サービス検索サイト その”カタログ”を比較検討するために、現在は飲食店ならぐるなびや食べログ、 ヘアサロンならHOTPEPER、エキテン、など各サービス検索サイトがたくさんあり、検索上位を占めています。 (※検索結果を上位に表示させる対策を「SEO対策」と呼びます。) SEO対策を大まかに表すと、「検索キーワードに対していかに誠実であり優良なコンテンツか」ということが指標となります。 そのため、多くの”カタログ”を持っているサービス検索サイトはSEOに強く、 小規模事業者のホームページを検索上位に表示させるには相当頑張らないと成果があげづらいといえます。   さらに、ホームページにお客様が来てくださったとしても コンテンツ(ホームページの中身)が魅力的でなければ予約をしてもらえません。 どのくらい難しいかというと、 例えばあるサイトにバナー広告を出したと仮定すると、その広告がクリックされる確率は2〜5%です。 その先の予約フォームやお問い合わせに至る確率はかなり限られたものです。   必要なのは”ホームページに頼りすぎないバランス感覚” そのため、ホームページをうまく活用するには2つのポイントを押さえる必要があります。 【1】ホームページに来てもらうための施策 【2】訪問してくださったお客様を逃さない施策 一つ目の「ホームページに来てもらうための施策」は 検索上位に表示させるためのSEO対策や、facebookやTwitter、ターゲットによってはLineやInstagram等のSNS活用。 予算があるようであればインターネット広告を検討してもよいと思います。   また、サービス検索サイトの活用は、 サービスによっては価格競争に陥りがちなのでお店によって判断が分かれるかもしれませんが 多くの母数(訪問者)を抱えているので新規顧客獲得には力強い味方になると言えます。 二つ目の「訪問してくださったお客様を逃さない施策」は 多くの企業でABテストを繰り返し模索している永遠のテーマ。 もともとの商品力やサービスの質も関わってきますが、 ホームページに関して述べるのなら 予約ボタンが常に表示されているかどうか等の予約導線の強化も必須ですし、 信頼感のあるデザインになっているか、更新頻度は適切かなど いかにお客様に興味を持っていただけるかが鍵となります。   ただ、コンテンツ改善には経験が必要かつ、ある程度時間がかかるもの。 WEB上ですべてを完結させるECサイト等であればWEB担当者を採用してもよいかもしれませんが、実店舗がある場合はサービス、接客に勝る売上向上施策はないのではないでしょうか。 ホームページはあくまで「カタログ」に留めておいて、 新規顧客獲得にサービス検索サイトやSNSを活用する。 さらに、ご来店いただいたお客様へのフォローアップを サービス面とコミュニケーション面の両方から行い お店のファンになっていただくことを目標にしてはいかがでしょうか。 ホームページだけに頼りすぎないバランス感覚が必要だと考えています。...

パーソナライズド動画導入案:ECサイト/化粧品販売編

こんにちは、松下です。 弊社が自信を持っておすすめするパーソナライズド動画ソリューション ”Amaterra Movie”。 導入イメージ第1弾の今回は「小売業・化粧品メーカー編」です。 お客様の購買履歴に基づいて、お肌の情報と新しい商品のご提案ができるようストーリーだてています。 パーソナライズド動画導入の参考になれば幸いです。 売上向上につながるOne to One マーケティング「パーソナライズドメール・動画」とは? パーソナライズド動画「Amaterra Movie」のお問い合わせはこちら ※この導入イメージでは、赤い枠の部分を個々のデータにカスタマイズしています。 ※あくまで導入案であり、実際の構築時とは環境及び予算により異なります。 1.お客様の名前を表記、興味喚起 お客様(メールを受け取った方)のお名前を挿入。名前が入ることで「自分ごと化」し興味喚起を促します。 実店舗があれば、お客様のご登録店舗を入れてもよいでしょう。   2.ご購入いただいた商品のご確認 ご購入いただいた品名を入れています。ここでは化粧水を購入したと仮定しています。   3.お客様に合った情報の提示 季節に応じたお肌の豆知識と、お客様の肌の情報を表示。   4.メリットの訴求による興味喚起 知識とお肌の情報に基づいた関連商品を入れることで、スムースに商品のご提案をします。   5.”今よりも少しだけ高め”のおすすめ商品情報の提示 所有ポイントの表示に加えて、おすすめ商品のポイントを記載。提示した商品の購入へのハードルを下げています。 (※実際の画面ではポイントの取得日時を記載します。)   6.WEBサイトへの導線 実際に商品を購入するための導線を設けています。 (※WEBサイトへの遷移は別途動画プレイヤーを開発、プレイヤー上で行います。) ここのサンプルでは、「お客様が前回ご購入された商品」に基づいて商品を提案していますが、 より多くのデータがあればより精度の高い情報をお客様に配信することができます。 また、ご購入履歴だけでなくお問い合わせ履歴を元に動画を配信しサービス向上や商品理解につなげることも可能です。   売上向上につながるOne to One マーケティング「パーソナライズドメール・動画」とは? パーソナライズド動画「Amaterra Movie」のお問い合わせはこちら...