売上向上につながるOne to One マーケティング「パーソナライズドメール・動画」とは

こんにちは、松下です。 デバイスや情報取得経路が多様化した近年、 顧客へのアプローチ手法に頭を抱える方も多いのではないでしょうか。 顧客の属性に応じた(=パーソナライズドされた)情報を提供することで 顧客の強い興味喚起を促す「One to Oneマーケティング」で成功をおさめる企業が増えています。 価値観が多様化したからこそ注目されるOne to One マーケティングについて、 違いや事例を交えてご紹介します。 従来のマスマーケティング、これからのOne to Oneマーケティング 市場獲得が得意なマスマーケティング これまで主流だった”マスマーケティング”。 テレビやラジオ、新聞、雑誌を活用し、大きな市場全体やすべての消費者を対象として 単一のメッセージを大量のプロモーションで伝える手法です。 市場シェアを一気に確保する手法として有効だとされてきました。 ところが、インターネットの普及やデバイスの多様化、消費者の価値観の多様化により 効果が限定的と見る向きも多くなってきたマスマーケティング。 このマスマーケティングに対し重要視されてきたのが”One to Oneマーケティング”です。 ”自分ごと化”しやすいOne to Oneマーケティング 顧客の属性や嗜好、購買履歴や行動履歴から”その顧客”に最適化されたマーケティング活動を行う手法。 顧客一人ひとりの嗜好にあわせて展開するため 顧客からは「自分自身だけに特化した情報を流してくれている」という印象を持たせることを可能にします。 One to One マーケティング自体は新しいものではありませんが、大量の情報を処理する技術の進歩により自動化が可能になりました。 One to One マーケティングの成功事例 amazonの「あなたにおすすめの商品」を表示する機能(レコメンド機能)もOne to Oneマーケティングの一種です。 また、ファッション通販「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイもOne to Oneマーケティングを積極的に活用している企業のひとつ。 200近くのパーソナライズドメールのPDCAを回し、LINEビジネスコネクトへの活用に生かすなど 日々ノウハウを蓄積しています。(※MarkeZineより引用) また、JOURNAL STANDARDやIENA等、複数のファッションブランドを運営する「ベイクルーズ」はメールのパーソナライズ化に着手。メール経由の売り上げが20%から30%以上に拡大しています。(※通販新聞より引用) また、ソーシャルメディア運営にも専任を置くなど力を入れている企業でもあります。 顧客の属性に合わせたコンテンツを動画で見せる「パーソナライズド動画」 大和ハウス工業は、住宅展示場に足を運んでもらうことを目的に、メールでパーソナライズド動画を配信しました。 メール配信成功数のうち、開封率が15.4%、動画視聴率は4.9%。動画視聴完了率は75.7%に及びました。 (※MarkeZineより引用/ 2ページ目からログインが必要です) また、パーソナライズド動画の中では「利用者の操作に対して反応を返す”対話のような・双方向型の”インタラクティブコンテンツ」も注目を集めています。 お客様によりフィットした情報をお届けするために情報を最適化することで 長期的な絆を結ぶことに成功するOne to Oneマーケティング。 一度ご検討されてはいかがでしょうか。    ...

パーソナライズド動画導入案:ECサイト お歳暮商戦編

こんにちは、松下です。 弊社が自信を持っておすすめするパーソナライズド動画ソリューション ”Amaterra Movie”。 導入イメージ第3弾の今回は「ECサイト:お歳暮商戦編」です。 サンプルとしてお歳暮商戦のイメージで作成をしていますが、 ギフトはもちろんファッションなどECサイト全般に幅広く応用できます。 また今回は、お客様が画面で選択できるインタラクティブな(双方向の)作りにしています。 パーソナライズド動画導入・体験の参考にお役立てくださいませ。 売上向上につながるOne to One マーケティング「パーソナライズドメール・動画」とは? パーソナライズド動画「Amaterra Movie」のお問い合わせはこちら ※この導入イメージでは、赤い枠の部分を個々のデータにカスタマイズしています。 ※あくまで導入案であり、実際の構築時とは環境及び予算により異なります。 1.お客様の名前を表記、興味喚起 お客様(メールを受け取った方)のお名前を挿入。名前が入ることで「自分ごと化」し興味喚起を促します。   2.ギフトのカテゴリの選択 贈りたい品を4つにカテゴライズし、選択していただきます。カテゴリがもっとある場合は下の「次のカテゴリへ」ボタンで次へ。 ここでは「限定ギフト」を選んでいます。 3.「限定ギフト」カテゴリ内で商品を選択 「限定ギフト」の中から実際の商品を読み込み、お選びいただきます。 商品詳細のボタンをクリックすると、同じウィンドウ内で商品詳細が表示されます。 ここでは「人気パティスリーのチョコレート詰め合わせ」を選択しました。 4.2つ目の商品を選択 商品選択後、別の商品を選択できるようにしています。 5.購入商品の確認 購入商品のご確認画面です。 この画面をご確認いただいた後、お客様にお勧めする情報を提示します。 6.追加購入を促す情報の提示 ご購入金額の合計が送料無料金額に届かなかったため、送料無料情報をご提案。 価格帯ごとプレゼントや特典を準備することで、幅広いお客様へ追加購入促進の情報をご案内できます。 7.さらに、お得な情報を追加でご提供、WEBサイトへ遷移 さらにクレジットカードへの入会と特典を促しメリットを訴求。 お客様にとってのメリットを「WEB上で探していただく」のではなく、動画として提示することでメッセージがダイレクトに伝わります。 (※WEBサイトへの遷移は別途動画プレイヤーを開発、プレイヤー上で行います。)   Amaterraではパーソナライズド動画「Amaterra Movie」のご提供を行っております。 お問い合わせはこちら 売上向上につながるOne to One マーケティング「パーソナライズドメール・動画」とは?...

パーソナライズド動画導入案:ECサイト/化粧品販売編

こんにちは、松下です。 弊社が自信を持っておすすめするパーソナライズド動画ソリューション ”Amaterra Movie”。 導入イメージ第1弾の今回は「小売業・化粧品メーカー編」です。 お客様の購買履歴に基づいて、お肌の情報と新しい商品のご提案ができるようストーリーだてています。 パーソナライズド動画導入の参考になれば幸いです。 売上向上につながるOne to One マーケティング「パーソナライズドメール・動画」とは? パーソナライズド動画「Amaterra Movie」のお問い合わせはこちら ※この導入イメージでは、赤い枠の部分を個々のデータにカスタマイズしています。 ※あくまで導入案であり、実際の構築時とは環境及び予算により異なります。 1.お客様の名前を表記、興味喚起 お客様(メールを受け取った方)のお名前を挿入。名前が入ることで「自分ごと化」し興味喚起を促します。 実店舗があれば、お客様のご登録店舗を入れてもよいでしょう。   2.ご購入いただいた商品のご確認 ご購入いただいた品名を入れています。ここでは化粧水を購入したと仮定しています。   3.お客様に合った情報の提示 季節に応じたお肌の豆知識と、お客様の肌の情報を表示。   4.メリットの訴求による興味喚起 知識とお肌の情報に基づいた関連商品を入れることで、スムースに商品のご提案をします。   5.”今よりも少しだけ高め”のおすすめ商品情報の提示 所有ポイントの表示に加えて、おすすめ商品のポイントを記載。提示した商品の購入へのハードルを下げています。 (※実際の画面ではポイントの取得日時を記載します。)   6.WEBサイトへの導線 実際に商品を購入するための導線を設けています。 (※WEBサイトへの遷移は別途動画プレイヤーを開発、プレイヤー上で行います。) ここのサンプルでは、「お客様が前回ご購入された商品」に基づいて商品を提案していますが、 より多くのデータがあればより精度の高い情報をお客様に配信することができます。 また、ご購入履歴だけでなくお問い合わせ履歴を元に動画を配信しサービス向上や商品理解につなげることも可能です。   売上向上につながるOne to One マーケティング「パーソナライズドメール・動画」とは? パーソナライズド動画「Amaterra Movie」のお問い合わせはこちら...

パーソナライズド動画導入イメージ:ポイント活用編

こんにちは、松下です。 弊社が自信を持っておすすめする「パーソナライズド動画ソリューション ”Amaterra Movie”」。 導入イメージ第1弾の今回は「ポイント活用編」です。 お店で貯まったポイントを使用していただくご案内と同時に、他の商品のご購入も促すようストーリー立てています。 パーソナライズド動画導入ご検討の際にお役立てください。 売上向上につながるOne to One マーケティング「パーソナライズドメール・動画」とは? パーソナライズド動画「Amaterra Movie」のお問い合わせはこちら ※この導入イメージでは、赤い枠の部分を個々のデータにカスタマイズしています。 ※あくまで導入案であり、実際の構築時とは環境及び予算により異なります。 1.お客様の名前を表記、興味喚起 お客様(メールを受け取った方)のお名前を挿入。名前が入ることで「自分ごと化」し興味喚起を促します。 実店舗があれば、お客様のご登録店舗を入れてもよいでしょう。   2.お客様の現状のご確認 お客様の所有ポイントを提示しています。 (※実際の画面ではポイントの取得日時を記載します。)   3.お客様に合った情報の提示 お客様の所有ポイントでできることを、ポイント数に応じて表示します。 通常であればサイトにアクセスしログインしなくては見られない情報を提示することで ポイント使用に関するハードルを引き下げます。   4.メリットの訴求による興味喚起 現在行われているキャンペーン情報があれば表示します。 お客様にとってメリットのある情報を提示することで、より強い興味を引きつけます。   5.数値の提示による次のアクションへの さらに、追加利用すると得られる商品を表示します。 実際の所有ポイントとの差を示すことで、ポイント使用へのハードルを低くします。   6.WEBサイトへの導線 実際に商品を購入するための導線を設けています。 (※WEBサイトへの遷移は別途動画プレイヤーを開発、プレイヤー上で行います。) このサンプルでは「お客様の所有ポイント」に基づいて商品を提案し、追加購入を促しています。 ECサイトやオンラインサービスなら、お問い合わせ履歴に応じて内容を変更すれば商品理解に繋がります。 また、スポーツジムや学習教材のように、お客様と定期的に接点のあるサービスであれば お客様にご利用満足度をお伺いしながら季節やイベントに応じた動画を配信することも可能です。   売上向上につながるOne to One マーケティング「パーソナライズドメール・動画」とは? パーソナライズド動画「Amaterra Movie」のお問い合わせはこちら...