Twitterの後継!?流行中の新SNS「Mastodon(マストドン)」とは

※画像右はmastodon.socialのトップページです。

Mastodon(マストドン)というWebサービスが注目を集めているのをご存知ですか?
”ポストTwitter”と呼ばれることもあるMastodonとはどんなサービスなのか、Twitterとはどう違うのか。気になるサービスの特長をまとめてみました。

Mastodonとは?

Mastodonとは、短文(ミニブログ)を投稿・共有するソーシャルネットワークサービスです。
ドイツに住むエンジニア、Eugen Rochkoさん(24)が2016年10月にリリース、現在世界中で500以上のインスタンスが立てられています。
日本では、大学生による日本語インスタンス「mstdn.jp」が作られ急速に普及。2017年4月16日17時現在、世界2番目のサーバーに成長しています。

Mastodonサーバ一覧
名前の由来はヘヴィメタルバンドの「マストドン」に由来しているそう。
#筆者は新しい丼の名前だと思ってしまいました。

Twitterに似た短文投稿サービス

短文投稿サービスとしてはTwitterととてもよく似ています。
利用者が投稿することを「ツイート」ではなく「トゥート」、リツイートを「ブースト」と呼ぶなどTwitterと同様の機能を持ちTwitterユーザーにとっては馴染みやすいツールです。
投稿制限文字数は500文字。かなりの長文をシェアできる上、投稿の公開範囲を限定する「CW(コンテンツワーニング)」という自主規制的な機能も。

独自のSNS(サーバ)を作れる、各サーバがゆるく繋がり1ヶ所に縛られず楽しめる
Twitterやフェイスブックなど従来のサービスでは、twitterならtwitter、フェイスブックならフェイスブックへと1ヶ所(に見える)に登録する”集中型”でしたが、Mastodonは”分散型”。
Mastodonがインストールされた「インスタンス」と呼ばれる各サーバへそれぞれ登録することができます。

MastodonはオープンソースのWebアプリケーションとして作られているため
「インスタンス」と呼ばれるサーバを誰でも立てることができ、独自の”マイMastodon”を作ることができます。

また、大きな特長の1つとして、この「インスタンス」同士が「連邦」としてゆるく繋がっていること。
自分が所属するインスタンスとフォローする相手のインスタンスが別であっても問題なくフォローやトゥートの閲覧などができることが挙げられます。
1ヶ所のインスタンスに縛られることなくさまざまなインスタンス(サーバ)の投稿を楽しむことができます。

はじめに登録したインスタンス以外のユーザもフォローできるため、所属にとらわれることなくコンテンツを楽しめるのが魅力です。

 

始めるには

Mastodonを始めるのはとても簡単です。
はじめにインスタンス(サーバ)を選び、画面内の入力項目に必要事項を記入。届いたメールに記載されている確認用URLをクリックするだけ。
日本語インスタンス「mastdon.jp

ほかにも、使い方をまとめた記事も出ているので、検索してみてください。

企業やオウンドメディア独自のコミュニティ(インスタンス)を構築できるか?

ソフトがオープンソースで公開されているのため、企業や団体、メディアが独自のインスタンスを構築し、コミュニティとして活用することは技術的な知識があればもちろん可能です。
日本の企業アカウントでいち早くインスタンスを運営しているのは、pixivの「Pawoo」。10時間ほどの実作業で公開にこぎつけたそう。

「この火が消えないうちに」pixivが「マストドン」にいち早く企業として参入した思い

では弊社もできるのでは?とお考えの方、ちょっとお待ちを。
pixivはもともとイラスト投稿コミュニティを運用している企業。
既にコミュニティ運用の知見があるからこそ、このスピードで導入できたのだと推測しています。
自社内で初めて導入する場合は、問い合わせ窓口等の運用体制を考慮にいれて公開したほうがよいでしょう。

次回は、Mastodonを利用しSNS運用をした際の懸念点についてお届けいたします。